北海道は日本で最も大きな面積を誇る都道府県です。ただし、一部の都市を除いては、土地の広大さの割に人口は少ないと言えます。これは厳寒の気候が大きく関係しています。北海道全体で見ても、学校の数は多い方ではありません。

しかし、全国的に非常に有名な中学校、高校を持っています。それが函館ラ・サールです。大学でもレベルの高い有名校があります。代表的なのが北海道大学ですが、これは北海道のブランドを背負った大学で、受験者のおよそ半数が道外者と言う人気大学です。他にも帯広畜産大学なども高い偏差値の難関校です。

これらの大学を目指す北海道内の受験生では、家庭教師をつけている生徒の割合が、他の都府県よりも高くなっています。また、受験以外の目的、つまり学校の授業の予習、復習、基礎学力をつけるための方法として、家庭教師を選ぶ家庭が多くなっています。

これは、まず受験生に関しては北海道大学は、応用問題よりも基礎学力や基礎的な知識を重視した、正統派の問題が出題される傾向があるため、家庭教師とのマンツーマンの授業で、基礎学力の充実と苦手分野の克服を目指すためであり、受験生以外でも家庭教師を選択する家庭が多いのは、北海道独特の地理的な条件です。

札幌や函館などは交通機関も充実しているため、家庭教師を選ばなくても、学習塾に通うことはそう難しいことではありません。しかし地域によっては、塾や予備校が自宅から遠いため、交通手段がなくて、子供の足では通いづらい、ということがあるのです。さらにこのような世の中です。夜子供が1人で外出をすることを、安全面から不安に思う保護者も多く、その点家庭教師ならば教師本人がマイカーなどで来てくれれば、子供が通学や帰宅することに関しての危険性はありません。
このように北海道では、基礎学力の定着から、受験体制までしっかりと向き合って指導をしてくれる家庭教師が多く活躍しているのです。

現役のプロの家庭教師の中には、いわゆる「カリスマ家庭教師」、とも言うべき人たちがいます。彼らの中には家庭教師として素晴らしい実績を上げた上で、自らの経験や、家庭教師としてのノウハウを本に著している人もいます。

東京大学に長年に渡って多くの生徒を合格させていて、自らも東京大学出身の家庭教師が書いた本などもあり、十分一読の価値はあります。こういった家庭教師が書いた本は、記憶術に関する内容のものが多いのですが、何となく偏差値が非常に高い優秀な子供向けのスーパー記憶術で、「レベルが違いすぎて、凡人には活用することは無理」と敬遠されがちです。

しかしいったん目を通してみると、実際にはそこまで超難関校を目指している生徒でなくても、受験勉強に十分活用できることも書いてありますし、受験に向けての勉強方法について、目からウロコで納得させられることもあります。参考書や問題集、資料集の選び方についての本もあります。塾の講師では、ここまで細かい指導はしてくれないであろうと思われる、テクニックなどの記述もあります。

また、自分をコントロールできない生徒は家庭教師の方が向いている、と唱えた本もあり色々読んで見ると、各家庭教師の個性が浮き彫りになってきて本当に面白いジャンルの書籍だと言えます。これらの記憶術、参考書の選び方、ノートの取り方などは、家庭教師をつけていなくて、進学塾に通っている子供にも十分に役に立つことです。是非一度目を通して見て下さい。

塾も家庭教師も受験生の結果が全て、と言う面があります。ただし大手の塾の場合、生徒数、つまり分母が大きいので、合格者数もそれなりに大きな数字が出てきます。

家庭教師派遣会社でも、例えばトライなどのような大手だと、抱えている家庭教師の数も、受験に臨んだ生徒の数もかなり多くなっていますので、合格者数だけでは一概に家庭教師の能力を評価することはできません。

家庭教師を頼もうとする時に、どこの大学出身かと言うことと伴に、やはり、その人が過去にどのような実績を残しているかは気になるところです。知り合いに頼む場合には問題なく聞くことができますが、問題は家庭教師派遣会社から家庭教師を頼むケースです。家庭教師の評価は生徒をどれだけ第一希望の学校に合格させているかで決まります。合格者数ではなく、合格率なのです。

インターネットや新聞の折込チラシなどでも、この合格者数と合格率は知ることができますが、プロの家庭教師の場合、1人で複数の生徒を指導していることも少なくないので、そのうちの1人の受験生が複数校に合格をしていて、合格者数ののべ数を増やしていたり、合格率をアップさせていることもあります。第一、会社としても広告には都合のいいことしか書かないのが普通です。

ではどうやって評価をして、何を基準に選べばいいのでしょう。それには口コミと、会社に直接聞く、と言う簡単な方法しかありません。その派遣会社の家庭教師に指導を受けたことがある人に確認することはもちろんですが、直接訪問して聞いてみることも効果的です。教師によって指導能力や実績も違うでしょうし、直接聞かれれば、嘘をつくわけには行かないので、割と本音に近い回答が得られることが多いのです。

子供が不登校になってしまった場合の解決策や打開策、学業の遅れに対する対応策として、フリースクールが上げられます。

不登校の子供は、学校に行っていませんので、同年代の子供たちとの交流や、団体での生活から遠ざかりがちです。そのためフリースクールで同じ境遇の子供たちと時間を伴にすることは、大きな意味を持ちます。

ではどんな子供に対しても、不登校の場合にはフリースクールが適しているのか、と言えば決してそうではありません。子供の置かれた状況によっては家庭教師の方がいい場合もあるのです。

それはまず、不登校にはタイプと段階があるのです。人間関係を築くのが苦手で不登校になってしまった、いじめが原因で学校へ行かなくなった、教師との関係が悪い、など学校に行かない理由はさまざまですし、不登校になったばかりの生徒と、もう数年間学校に言っていない子供とでは状況が全く違います。フリースクールでは、できる限りその子供の個性を大切にしてはくれますが、どうしても数人で指導を受けることが多くなってしまいます。

その点家庭教師ですと、本当にその個人に応じた指導を行ってくれますので、学校には行きたくないが勉強は大好きで、受験にもチャレンジをしたいと言う子供は、フリースクールに行くよりも家庭教師について学習をしながら、少しずつ立ち直っていく道を選んだ方がいいでしょう。

ただし、家庭教師と言っても、通常の学生につく家庭教師とはちょっとその立場は違います。不登校の子供を専門に指導している家庭教師の場合、勉強だけでなく、子供の心に寄り添って、子供の訴えや心の声を聞くための指導も受けていますので、安心して任せることができます。家庭教師とともに勉強をしながら心をケアし、結果として家庭教師の存在が学校に戻る為のきっかけになれれば、本当に理想的だと言えるでしょう。

小学校受験専門の幼児教室は、原則として集団授業です。中学校や高校の受験対策として、家庭教師を選択することはそう珍しいことではありませんが、いわゆるお受験のために、家庭教師をつけている家庭は決して多くはありません。

しかし、幼児と言うのは月齢によって、その発達にかなりの差があるため、本当は集団授業で子供個人個人のペースに合わせて授業を進めていくことは困難なのです。

しかし家庭教師ですと、子供の発達状況やレベルに合った学習をすることができます。こうすることで弱点を克服できると伴に、得意分野をさらに伸ばすことができます。家庭教師の指導によって納得できるまでやっておけば、本番の受験でも落ち着いて試験に臨むことができます。

また、両親が共働きなどで幼児教室への送り迎えが困難な家庭でも、家庭教師ならば、自宅で可能な時間に落ち着いた雰囲気の中で子供に学習させることができます。さらに塾と違って1対1なので子供とじっくり向かい合うことができ、結果として長所や得意分野を伸ばし、苦手な部分を集中して学習できますので、バランスの取れた対策を取ることができます。

幼児教育専門の家庭教師の場合ですと、経験も豊富ですから、塾では相談しづらい受験や、子供の成長に関する、保護者の不安の相談に応じることもできます。もちろん知識や知恵だけでなく、小学校受験では重要なポイントを占めるマナー、言葉遣い、指示行動、マット運動やバランス感覚などの運動の指導も行ってくれます。また、お受験を考えていて幼児教室に通っているものの、中々目に見える効果が現れないと悩んでいる方も、一度幼児専門の家庭教師の存在を具体的に考えてみることをお奨めします。

あまり聞きなれないのですが、美術の家庭教師と言うカテゴリーがあります。美術の家庭教師が生徒に対して具体的に行う指導は、例えば絵画ならばデッサン、水彩画、油絵、アクリル画、パステル画などです。

洋画を担当する家庭教師の方が多いのですが、中には日本画、水墨画を指導する家庭教師もいます。他にも彫刻を専攻しようと思っている受験生は、自分の志向や受験の方向性に合う、彫刻専門の家庭教師に指導を受けた方がいいでしょうし、陶芸を志望するならば、陶芸専門の講師の指導を受けた方が効果が大きいでしょう。

特に難関美術大学であるとか、難関芸術大学を受験しようと思うと、かなり高度な技術が要求されますし、実技試験は非常に狭き門です。受験者のレベルも想像を絶する高さです。家庭教師についたからと言って、必ず合格をする、と言う保証はありませんが、美術のように個性が要求されるジャンルは、集団で指導を受けるより、家庭教師のような個人指導の方が力をつけるのに向いているでしょう。

大学受験以外にも、美術の家庭教師のニーズはあります。それは幼児向けの指導です。小学校受験のためだけではなく、幼児の情操教育に大変役に立つのです。家庭教師が幼児に対して行う指導は、塗り絵、お絵描き、粘土細工、おりがみ、簡単な工作などですが、ここでは技術の向上よりも、創造力を豊かにする指導が行われます。お絵かき教室に通うことが苦手そうな子供には、マンツーマンで指導をしてくれる家庭教師の方が向いているでしょう。

以前では考えられないことですが、現在体育の家庭教師の需要が高まってきています。確かに子どもの心身の発達のために、体育は大変重要です。そして少し前まで子供にとって運動や体育は、家庭教師をつけて練習しなければならないものではなく、楽しいものだったのです。

しかし、現在では子供達は運動をするよりも、時間があればテレビゲームやパソコン、携帯メールなどに夢中になっているのが現状です。この影響は子どもたちの体力や運動能力の低下、小学生のケガの多さにはっきりと数字で現れています。

かつての子供たちが全て体育が得意だったわけではなく、もちろん苦手な子供も大勢いました。しかし休み時間や放課後などに身体を動かして遊んでいました。体育のために家庭教師をつけるなど考えられないことだったのです。

しかし最近では体育が苦手な子供に家庭教師をつけて運動させ、鉄棒やマット運動、球技などを身につけさせるのです。身体を動かして遊びながら身についていたことを、今では家庭教師に習わないとできない子供が増えてきているのです。

例えば基本的なことですが、転んだ時にとっさに手をつくことができず、顔や頭から激突して大ケガをする、と言うケースも少なくないのです。また体育と言う授業に対する考え方も、受験に必要ないであるとか、授業が面白くない、集団行動がつまらない、などとマイナスのものが多くなっています。

そこで体育の家庭教師の場合、ただ技術を教えるだけでなく、苦手意識を克服させ、自信を持たせ、体育を楽しむことを第一としています。子供の運動能力が低下すればする程、体育の家庭教師の数は増えていくのです。

国語の家庭教師は、最も結果が明確に出にくいジャンルかもしれません。国語と言うのは、長年の生活習慣や読書、報道に接することなどで身についたボキャブラリーや表現の言い回し、読解力が物を言う教科です。国語が苦手だからといって、あわてて家庭教師をつけても、短期間で効果が現れる物ではありません。

では国語の家庭教師は国語の苦手な生徒をどのように指導するのでしょう。国語は日本語だから、日本人である以上何とかなるだろう、家庭教師は英語や数学にこそ必要だ、と言う考えは大きな間違いなのです。特に受験用の国語の長文の説明文は、配点も大きく、ここを取るか取らないかで合計点はかなり違って来ます。

ここで大切なことは、自分の思想や固定観念、先入観を捨てて、作者の述べていることだけを読み取ることができるかどうかなのです。学校などでは、本文の重要な部分に線を引きながら読んでいけ、と言う先生もいますが、国語が苦手な生徒にとっては、重要な部分がわからないのです。

そこで家庭教師が教えることは、説明文を読み取り、点を稼ぐテクニックです。具体的には長文の構造に注目するのです。

例を上げると、接続詞に注目して読み解いていくことになります。家庭教師の指導で、こういった読み取りのテクニックを身につけることができたなら、内容ではなく外形から、重要な箇所や作者の主張などを読み取ることができるのです。

また、国語の中でも家庭教師をつけることで、割と短期間で効果が出る項目もあります。それは古文、漢文の分野です。特に漢文は返り点の法則を理解するだけで、かなりの得点アップが期待できますし、古文も文法に関しては家庭教師をつけることでの効果が現れやすいと言えるでしょう。

英語と言う教科は、文系、理系のどちらを選択するかに関わらず、必要になってくる教科です。英語の点数が取れるか否かで試験の席次や、合否の結果を左右する時もあります。

英語の力を伸ばすために、塾に行くと言う方法以外に、英語を専門に指導してくれる家庭教師の指導を受けると言う選択肢もあります。

英語の家庭教師をつける場合、その目的は2つに大きく分かれます。まず1つ目は、英会話の上達のために家庭教師の指導を受けるケースです。経済、社会のグローバル化が進む中、英語はどうしても必要となって来ます。そのために英語、特に英会話の高いスキルは絶対条件です。英会話に限定するのならば、外国人講師が多くいる英会話教室に通うと言う方法もあります。

問題は、受験のために英語の力をつけたい場合の家庭教師の選び方です。日本では、まだまだ受験英語と世界で通用する英語との差がかなりあります。しかし、学校英語、受験英語と呼ばれている英語で点数が取れないと、受験で勝ち抜くことができないのも現実なのです。

そこで理想的なのは、受験用の英語を指導しつつ、本当の英語力をつけてくれる家庭教師、と言うことになります。かなり難しい条件ですが、英語の家庭教師を専門に派遣している会社の中には、ほとんどの講師が有名大学卒業や在学の帰国子女だ、と言うところもあります。

このようなバイリンガルの講師だと、受験英語の指導を受けながらも、生きた英語に触れることができ、家庭教師との受験勉強をしながら英会話の力をつけることができるのです。

医学部専門の家庭教師、と言うものがあります。大学受験で医学部に合格するには、高い偏差値が求められます。想像を絶するような努力が必要な上、全員がその努力が報われるわけではない、と言う厳しい世界です。医学部全体でもそうですが、特に一流大学の医学部は成績優秀者同士の争いです。

高校が私立の難関校ならば、大抵医学部コースであるとか、難関国公立クラスであるとかの対策をしてくれますが、公立高校の場合、中々そこまで手が回らないのが現状です。そこで進学塾あるいは家庭教師が必要となって来ます。

医学部専門のコースを持つ進学塾は多いのですが、どうしても塾だと、生徒の平均的なスピードや理解度に合わせて授業を進行して行くことになります。授業についていけないと言うことは医学部を目指している人の場合には、あまりないと思いますが、中にはかなりギリギリの成績の生徒もいますし、逆に塾の授業だと余裕がありすぎて時間がもったいない、と言う生徒だっているでしょう。

これらの生徒のケースだと、そのまま塾に通い続けるよりも、家庭教師に切り替えた方が賢明です。ゆとり教育の影響で学力の低下が問題となっている一方で、医学部をはじめとする難関学部の入試は、以前と変わらないレベルを保っています。そのギャップを埋めるためにも医学部専門の家庭教師に関しては、指導力の高さと学習体制の理想的なサポートが求められます。医学部を目指す生徒を、専門的に指導している家庭教師派遣会社も首都圏には存在しています。

高校生ばかりでなく、中学生のうちから家庭教師をつけて医学部を目指している家庭もあります。高度な指導力を誇るプロの家庭教師を多く抱えている、実績ある派遣会社を選んで何度も直接話し合って、将来を託すことができる教師を探しましょう。

DESIGNED BY